一般的な葬儀の流れについて

  • 最近の葬儀スタイルとは

    • 昔は葬儀といえば、とても厳かでしめやかに、それでいてたくさんの人が参列する盛大なものでした。



      しかし、最近の葬儀は様々なものになってきています。

      近年「終活」という言葉もできているように、生前から自分が亡くなった時に連絡してほしい人のリストや葬儀をする葬祭場、誰に参列してもらいたいか、どんな花のランクにするか、どれぐらいの大きさの部屋にするか、香典はどうするのかなどを自分で細かく決めておくという傾向になってきています。



      なぜなら、近年では子どもの数も少なくなり、同居なども昔に比べると少なくなっていますので自分が亡くなった後、遺族は故人の交友関係も遺志もわからず困ることが多いからです。
      遺影も生前に好きな服をきて撮影しておくことができます。



      自分の気にいっている写真を遺影としてつかってほしいと思う人がふえているのです。



      また昔ながらの粛々とした葬儀ではなく、故人の好きだった歌手などの歌を流したり生前の写真をたくさん飾ったり、時にはビデオ動画を流したりする人も最近では増えてきています。



      昔と違い、みんなと同じではなく自分だけの式として自分の親しい人でおくってほしいと思う人が多くなってきています。



      このように生前に自分の葬儀を細かく決めておくために、近年葬祭場などで相談会などが行われていて、これにたくさんの人が参加しています。以前のように死後のことを考えるのは不吉だという時代は終わり、子の世代にかかる負担を減らしたいという考え方をする人が多くなっている傾向になっています。

  • 関連リンク

    • 通夜や葬儀は、親しい人が集まり最後のお別れの儀式です。故人の意志に沿うようにしてあげましょう。...

    • 昔は葬儀といえば、とても厳かでしめやかに、それでいてたくさんの人が参列する盛大なものでした。しかし、最近の葬儀は様々なものになってきています。...