一般的な葬儀の流れについて

  • 通夜・葬儀の準備とは

    • 通夜や葬儀は、親しい人が集まり最後のお別れの儀式です。
      故人の意志に沿うようにしてあげましょう。
      その為に色々と準備する事があります。まず喪主を決めます。

      喪主は、準備する際の責任者です。

      遺族の代表として弔問を受ける立場にあります。



      準備するにあたっては、一番最初に決める必要があります。

      一般的に喪主は、故人ともっとも縁の深い親族が務め、故人の配偶者、子供、親、兄弟姉妹がなります。
      喪主は、遺族が話し合って決めます。

      喪主が未成年の時は、親族が後見人を務めます。



      故人に親族がいない場合は、親しい友人や知人などが喪主の代理を務め、その場合「世話役代表」「友人代表」と名乗ります。

      次に形式です。


      一般的な形式は、故人の信仰していた宗教により行なわれます。
      日本ではほとんどが仏式で、神式、キリスト教式と続きます。

      墓との関係が強いため仏式が多いのですが、最近ではお墓にこだわらず無宗教で行われる自由葬選ぶ人も少なくありません。いずれにせよ故人の意志に沿った形式のものを選びましょう。
      次に費用です。規模や内容によって差はありますが、葬儀を行う際はある程度お金が必要です。葬儀にかかる費用には次の様なものがあります。「一式の費用」仏壇の設営・棺・焼香道具一式・受付設備・霊柩車・骨壺などの備品・マイクロバス。



      「寺院使用料やお布施」自宅以外で葬儀を行った際の式場使用料とお布施や神官対するお礼、教会に対する献金。



      「香典返し」香典返しとして贈る物品費。



      「通夜ぶるまい、精神落としの飲食費」通夜ぶるまいや精神落としの際の料理代や飲み物代。


      「心付けや遺族の飲食費運転手など手伝いをしてくれた人々に対する心付けや通夜、葬儀に参列した遺族の宿泊費や食事代など。

      弔問客の数や飾りつけ、僧侶の数などにより、費用は異なります。



      あくまでも故人の意志や遺族の意向に沿った内容で、無理をしない予算で行なうようにしましょう。

  • 関連リンク

    • 昔は葬儀といえば、とても厳かでしめやかに、それでいてたくさんの人が参列する盛大なものでした。しかし、最近の葬儀は様々なものになってきています。...

    • 通夜や葬儀は、親しい人が集まり最後のお別れの儀式です。故人の意志に沿うようにしてあげましょう。...